【さくらんぼ通信12月号のクイズ回答】

今月のクイズは初の試みで漢字クイズでした。

魚編の漢字って本当にたくさんあって驚きますね。
しかもそのほとんどが当て字…それもかなり無理のある(笑)。

でもこれだけ強引だと逆に面白い。
日本人がどれだけ魚が好きなのかが、これでよくわかる気がしますね。

DSC_2106

『鰍』は「かじか」でも「さんま」でもどちらでもいいそうです。
ちなみに正式なさんまは「秋刀魚」ですね。

楽しんでいただけましたでしょうか!?

次は新春1月号でお会いしましょ~☆彡

広告

慰問コンサート:渥美二郎さんが老人ホームで−−南魚沼 /新潟

毎日新聞 2013年11月29日 地方版

演歌歌手の渥美二郎さんが28日、南魚沼市長森の同市養護老人ホーム「魚沼荘」(金沢敏博所長、入所者57人)で慰問コンサートを開いた。同ホームでの慰問コンサートは今年で11回目。渥美さんは新曲や懐メロを熱唱。入所者にとっては、一足早いクリスマスプレゼントとなった。

ステージは、持ち歌の「霧の港町」で幕開けすると、入所者から大きな拍手がホールに響いた。この後、終戦前後の大ヒット曲「東京の花売娘」や「東京ラプソディ」などが次々に披露されると、手拍子を打ちながら一緒に口ずさむなど、お年寄りたちは、青春時代にタイムスリップした様子だった。

最後に渥美さんが作詞、作曲した最新のデュエット曲「東京ナイト」を同ホームの女性職員と一緒に歌うなど、約1時間の歌とトークの楽しいひとときを過ごした。

コンサート終了後、渥美さんは「喜んでくれる皆さんの笑顔が、明日へのエネルギーになります。また、来ます」と話した。【神田順二】

http://mainichi.jp/area/niigata/news/20131129ddlk15100100000c.html

渥美二郎さん…昭和の名歌手。

なんのご縁かわかりませんが、わざわざ南魚沼くんだりまで
お越しいただき、ありがたいことですね。

私も歌が大好きなので私が歳をとったら
ミスチルかビーズに慰問にきてもらう予定です(笑)。

左3指のやけど治療例、ジュクジュク編

ジュクジュク

今朝の写真。
14時。

白濁した膜のようなものがものができ始めました。
いわゆる「ジュクジュク」したやつです。

16時30分。

ジュクジュク全開です。
痛みはありません。ワセリン塗るときジュクジュクを壊してしまいそうなのでワセリンを塗らずラップだけにしました。

左3指のヤケド治療例

左3指のヤケド

 
昨夜、ヤケドしました。
受傷直後は酔っ払っていたので痛みを感じませんでした。ちなみに昨日はビールとウィスキーと焼酎を飲みました。美味しかったです。

朝起きてみるとズキズキするし、なにかに触れるとピリッとします。ヤケドした時のあの感じです。水ぶくれもできてきました。

さて実験です。
「新しい創傷治療HP」によると、水ぶくれは破き中に溜まっている液体を出して、水疱膜(水ぶくれ部分の皮膚)を取り除きます。

針で刺して中の液体を抜く。針は消毒していません。痛みもありません。
今回は水ぶくれがふやけてから取ったほうが楽だと思ったのでこのステップは後回しにしました。

とりあえずワセリンからのラップのゴールデンコンビで処置。その上からテーピング。痛みがおさまる。
ここで注意したいのが、ラップを止めるテープのこと。ワセリンがついているとよくくっつきませんのでテープを張る部分にワセリンがついてしまった場合はよく拭いておく。それとワセリンのついた手でテープをいじると粘着力がガクンと下がりますので要注意。
わたしはキネシオテープでぐるっと一周して固定しました。



いい感じにふやけました。食べごろです。針でつついて水疱膜を取り除きます。
これね~ちょっと上手にやらないと痛みが出ます。あんまりキレイに取ろうと無理すると正常な部分の皮膚も引っ張られて痛いです。適当なところでやめたほうがいいです。

破くとお汁がこぼれます。ジュルジュル…。

「エイッ!!」
と、破き。矢吹ジョーからのワセリン、ラップ、テーピングで固定。ワセリン塗るときそっと塗って下さい。むき出しですからデリのケートですよ。

とりあえず今日はこんな感じでした。また報告いたします。

「こんな時こそワセリンだぜ!」TPOをわきまえる(笑)

うるおい療法への反応

 

当院のうるおい療法コーナーも日増しにパワーアップしております。

一ヶ月ほど前、お馴染みカメラマンであり友人でもあるヒロスイ君に第二子が誕生しました。
昨日はお祝いとお祝いビールを持参して彼の自宅を訪ねました。

二人目の女の子ということでヒロスイ君も体中の穴という穴に詰め込まれても痛くない程のかわいがりよう。奥様も授乳中にも関わらず極少量のビールにお付き合いいただきました(爆)。

しばし歓談していると、さやちゃん(長女)が肘の辺りをかゆがりました。

話が少し戻りますが、先日ヒロスイ君にわたしの誕生日会を催していただいた際、誕生会にもかかわらず、わたしはうるおい療法の説明をし、参加者全員(と言っても5名)にワセリンを配りました。

話は戻って、「こんな時こそワセリンだぜ!」とわたしとヒロスイ君とのアイコンタクトの後、ヒロスイ君はおもむろに冷蔵庫から先日わたしが渡したワセリンを取り出し、さやちゃんの肘に塗りました。

わたしが奥さんに直接説明したわけではなくヒロスイ越しにうるおい療法について聞かされていた奥さん。最初は眉唾ものと思っていたそうですが、小児科にかかった際に先生からも同じような話を聞いたそうです。

わかりづらい文章になってしまいましたが、何が言いたいかというと…。
いままでずっと「キズは消毒」でやってきた我々がそう簡単に、このうるおい療法に挑戦するのには勇気がいることです。しかも医師でもない者に急にそんなことを言われても半信半疑になるのが当たり前だと思います。

しかし、これからうるおい療法はメディアを通じてどんどん広まってくるとわたしは予想しています。
そんなとき予備知識がなければ聞き流したりしまう情報が出てくると予想しています。

そんな時、「そう言えば、神保がそんなこと言ってたなぁ…」と思い出してもらって、スッと胃の腑に落ちてくれればいいな、とわたしは思っています。潤滑油みたいな…ローションみたいな…。TENGAみたいな…。

ちょっとした取っ掛かりになって、みなさんの役に立ってもらえたら本望です!!
愛です!LOVEです!日本愛!人類愛!地球愛!

大きな声では言えませんが…

「私この度、参院選に出馬することになりました!清き一票を!」

(嘘よ)