【除雪作業は腰痛に効く!?】痛みと心の不思議な関係

2016-01-21 08.30.20

「あなたの人生を変えた本ってありますか??」

私はある意味この本に人生を変えられました。

先日の雪見展と同時開催された『一箱古本市』に、この本は「腰痛に悩まされている方の役に立つはず!!」と意気込んで出品したのですが売れ残ってしまいました。

手元に数冊ストックがあるので『ドナドナの刑(ブックオフ)』に連れてったのですが買い取ってもらえず、また我が家に…

もう何十回と読んだ本ですが、これもなにかの縁(笑)と感じたので久しぶりに読み返してみました。

はじめて読んだ時の衝撃をいまでも鮮明に覚えています。

東京での接骨院修業を終えて南魚沼市に帰ってきて、しばらくしたころ…。
『痛み』について勉強する転機になった本です。
いま思えばこれをきっかけに私の柔道整復師(接骨院)としての道筋が決まったような気がします。

Tendon problems on woman's leg indicated with red spot.

この本は主に『腰痛』について書いてありますが…

私の経験から導いたところ『人間の感じるすべての痛みについてのヒント』が散りばめられているなぁ…と読み返してみてあらためて感じました。

それと当時…もいまも、とても勉強させてもらっているのが『心療整形外科』という現役の整形外科医師が“痛みについての新しい概念”を提唱しているブログでした。
いまでもマメに更新されていて加茂先生の熱意には頭が下がります。

是非、腰痛等々で痛みでお悩みの方はご覧ください。

→『心療整形外科』ブログ

本のはなしに戻りますが、この本のもとになっているのはアメリカで生まれたある理論です。
その理論を一般の方でもわかりやすいように噛み砕きながらインタビュー形式で記しているのも本書の特徴。

「医学の話は難しいから無理!!」
というあなたにも、とても読みやすい内容になっています。

とはいえ、この本を読んだからと言って「必ず腰痛は治る!!」とは断言できませんが、新しい気づきが得られることはお約束します。

神保接骨院でも貸出できるよう数冊ストックしてありますので、興味のある方はお気軽に声掛けくださいね。

いままで「腰に負担がかかるから…」と苦にしていた除雪作業も、こちらを読めばルンルンランランたのしい気持ちでできるかもしれませんよ~。

 



【ケガ・スポーツ外傷のことなら神保接骨院】

【住所】 〒949-6680

新潟県南魚沼市六日町31-11 ※駐車場6台あり

(六日町駅より徒歩5分 シュクレさんちかく)

【電話番号】 025-772-8152

【メールアドレス】 takatakaharu1119@wish.ocn.ne.jp

(ホームページを見て…と、ご連絡ください)

【営業時間】

(月~土曜) 午前 8:00~12:00

午後 2:00~6:30

土曜午後・日曜祝日はお休みとなります。

【公式ホームページ】

https://minamiuonuma.me/

【クチコミサイト エキテン】

http://www.ekiten.jp/shop_3168543/

広告

腰痛のセルフケアならこちら~

『YOUTUBU~腰通部』テーピングクラス盛り上がりました

 

昨日は4回目のテーピングクラスを開催しました。

4名の方にじっくりと学んでいただくことができました。

参加者の方たちから…

「いつも事前の準備から、ご指導まで丁寧にありがとうございます」

「楽しく解りやすく体について学びながら楽になれています。自分の体を大事にしていきたいと思います。ありがとうございました」

「自分だけでなく家族も楽にしてあげられるので嬉しいです」

という嬉しい感想をいただきました。

腰通部とは『腰痛に対するセルフケアを学んでいただく場』です。

セルフケアの第一歩は自分のカラダの状態を知ること。
それがまずわからないことにはケアする気さえ起きませんからね。

日々、自分の内面を見つめて感じ取る力を養っていきましょう。

次の腰通部の活動は11/14(木)『セルフマッサージクラス』です。
ご興味のある方はご参加下さい。

先着4名様となっておりますので、ご予約はお早めに。

以下は今後の活動予定となっています。
こちらも予約、受け付けていますので、参加希望の方はご連絡下さい。

【腰通部(よーつーぶ)活動予定】

□セルフマッサージ(11/14、12/12)
□ストレッチ体操(11/21、12/19)
□メンタルケア(11/28、12/26)

※11月と12月の内容は同じです

すべて木曜日、19:30~21:00まで

会 場:神保接骨院(南魚沼市六日町31-11)

講 師:神保貴雄(090-7715-3329)

参加費:各2,000円

持ち物:動きやすい服装、筆記用具

対 象:腰痛でお困りの方&腰痛になりたくない方

定 員:4名(先着順)

<申し込み方法>
『hone-hone-69king@docomo.ne.jp』か

『takatakaharu1119@wish.ocn.ne.jp』まで

参加希望のメールを送っていただくか

「テーピング教室に参加したいのですが…」と
『025-772-8152(神保接骨院)』までお電話ください

<申し込み締め切り>
開催日の2日前までお申し込みいただけます。
特別な理由がない限り、その後のキャンセルは
キャンセル料をいただくことがあります

最後に…

セルフケア…というと、少し敷居が高いようなイメージを受けます。

が、そんなことはありません。
あなたも毎日、何気なく行っているはずです。

例えば

□ ハミガキ □ 耳掃除 □ 洗顔 □ 整髪 □ 白髪染め □ 爪切り □ 入浴

以上、すべてが立派なセルフケアです。

”ハミガキ”も”腰痛に対するセルフケア”も形は違えど中身は同じ。

ハミガキをしなければ歯垢が溜まります。
腰のセルフケアをしなければ疲労が溜まります。

ハミガキをするように、顔を洗うように、腰にもセルフケアをしてあげてください。

それでは、お待ちしております。

根拠があいまいなのに、後戻りできない治療は避けるべきだ

根拠があいまいなのに、後戻りできない治療は避けるべきだ

 

医療ルネサンス
顎関節症
かみ合わせ治療で悪化

良い治療法が見つからないまま仕事に復帰。あごがゆがんでいたこともあり、原因は歯並びにあるのでは、と考え、インターネットで顎(がく)関節症治療が専門という歯科医院を探して受診した。その歯科医は「削った方がいい」と小臼歯2本を削った。症状は改善するどころか、以前にないあごの痛みも出始めた。

どこかで聞いたことのある話ではありませんか?
そう、ヘルニア手術の話に似ていませんか。

変形性膝関節症の手術もしかり。今日も両膝手術をしたけどイマイチなんていう話を患者さんから聞きました。

2001年に設置された同センターは、生活習慣指導と、あご周辺の筋肉を包む「筋膜」をほぐす特殊なマッサージの併用で症状改善を目指している。センター長の原節宏さんは「顎関節症の多くは、姿勢などによる筋肉や筋膜の問題が関係している」と話す。

顎関節症をかみ合わせ治療で治そうとして、悪化させる例は多い。原さんは「根拠があいまいなのに、後戻りできない治療は避けるべきだ」と警鐘を鳴らす。

ここでも、やはり「筋肉」が出てきました。
とりあえず「レントゲン・MRI・CT」ではなく「とりあえずビール」のように「とりあえず筋肉」的な発想、必要(ラップ調)。

「根拠があいまいなのに、後戻りできない治療は避けるべきだ」

この一言に尽きますね。

腰痛にストレスが関与 再発、慢性化の要因に 日常活動維持が大切

腰痛にストレスが関与 再発、慢性化の要因に 日常活動維持が大切

 

腰痛にストレスが関与 再発、慢性化の要因に 日常活動維持が大切  「医療新世紀」
2011年8月30日 提供:共同通信社
m3.com

大多数の人が経験する腰痛。再発や慢性化も多く、やっかいな症状だ。従来は背骨に問題があるとして、腰にできるだけ負担を掛けずに安静を保つことが大事だとされてきた。しかし最近は、痛みに対する不安や仕事上のストレスといった心理的な影響が注目され、ストレスを解消しながら、できるだけ日常活動を維持する方が良いとの考えに変わってきたという。

松平さんの勧めもあり、痛みの程度や一日の行動をノートに記録するようになった。すると、家族と口げんかをしたり、司法試験の受験について不安になったりすると、その当日か翌日に痛みが増すことに気付いた。「最初は懐疑的だったが、心の問題が腰に来ていることをだんだん受け入れるようになってきた」と男性は振り返る。

松平さんの診察は週に1度。毎回1~2時間に及び「人生相談のようになってきた」という。そのうち腰痛も和らいできた。長時間座っていることもできるようになり、最近は2年ぶりに車の運転も楽しんだ。「今では、なるべくストレスをためないようにすれば、ひどい腰痛にならないという自信がついた」と話す。

気付きを促すんですな。
気付きを…。

MRIで“偶然”に見つかる脳病変

MRIで偶然に見つかる脳病変:メタ解析
2009 9・18 carenet.com

英国エディンバラのWestern General Hospital臨床神経科学部門のZoe Morris氏らは、脳磁気共鳴画像法(MRI)で見つかる偶発的な所見の定量化を、システマティックレビュー、メタ解析にて試みた。脳病変が偶然見つかることは一般的で、その割合は年齢とともに増すこと、高解像度のMRIを使用するほうが検出率は高まることなどを報告している。BMJ誌2009年9月5日号(オンライン版2009年8月17日号)掲載より。

また、解像度の違いで比べると、高解像度群で偶然脳病変が見つかる割合は4.3%、これに対し標準解像度群は1.7%だった(P<0.001)。

これらからMorris氏は、「脳MRIを受ける患者に対して、こうした偶然に見つかる脳病変に関してはインフォームド・コンセントをしなければならないだろう」と結論。ただし「今回の我々の所見は、臨床診療では意味ある結果ではあるが、集団検診に関しては正当性は十分ではない」とも付け加えている。

ヘルニアや脊柱管狭窄症にも同じことが言えると考えられます。
ここで言っている「偶然みつかる」ということは「その病変による症状がなく、差し当たって治療しなくてもよい」という風に理解していいんですかね?
その辺りがいまいちハッキリしませんが、そう理解して読むとおもしろい記事です。

「偶然みつかった」程度の病変に人生を変えられてしまったのでは、たまったもんじゃありません。
しかし、これから画像機器(MRIやCTスキャン)の性能はグングンうなぎ登りしますから、このような「偶然みつかった」病変もひつまぶし登りすることと思われます。

そして、それによって人生を狂わされる人たちも蒲焼き登りしますね。

困ったもんですねぇ。メカを進歩させて高い給料をもらっている人たちもいるわけですから…ねぇ~。
やっぱり患者側が賢くなって不要な検査には断固として「NO!!」を突きつけるしか道はないのでしょうか?

しかしこの論文>集団検診に関しては正当性は十分ではない、と締められていますので弱冠の期待も残ります。
うん、期待しています。