集団認知行動療法が腰痛の治療に有用集団

集団認知行動療法が腰痛の治療に有用集団

 

集団認知行動療法が腰痛の治療に有用集団
CareNet.com
2010/03/25(木) No.J001091

集団認知行動療法が、プライマリ・ケアにおける腰痛治療として有用なことが、イギリスWarwick大学医学部のSarah E Lamb氏らによる無作為化試験で示された。国際的なガイドラインでは、非特異的な腰痛が持続する場合は積極的に身体を動かすことが推奨されている。プライマリ・ケアでは、通常の治療よりも看護師による積極的な運動の指導の方が効果は高いが長期には持続せず、理学療法(体系的運動療法、鍼灸、マニピュレーション、姿勢指導)の長期効果もわずかなことが示されている。認知行動療法の長期効果については相反する結果が混在しているが、集団で行う場合は同じ問題を持つ患者同士の相互作用による改善効果やコストの軽減が期待できるという。Lancet誌2010年3月13日号(オンライン版2010年2月26日号)掲載の報告。

5月の末に認知行動療法カウンセリングの初級ワークショップに参加申込をしました。
対象資格が臨床心理士や医師、産業カウンセラーなどの対人援助専門職となっていたのですが、ダメもとで「柔道整復師は大丈夫ですか?」とメールをしたら「OK」とのことで早速申し込んだ次第であります。

畑違いのお門違いの馬の骨を覚悟して「聞くは一瞬の恥…聞かぬは一生の恥」精神で十二分に爪跡を残してきたいとおもっちょります。

会場が汐留なんですが行ったことありません…。方向音痴なわたしは不安でいっぱい♪
迷子になる確率…ピーピピーピーピピピー(計算機がはじき出す音)『キュウジュウニ・パーセント!!』

ちなみに去年は1回目普通に行けたところなのに2回、3回目に行ったときには迷いに迷って最後はタクシーに乗りました。嫌な汗をかきまくりまクリスティー。

プラシーボ反応とノーシーボ反応~言葉の処方箋~

さぁ、京都でのお勉強会のお話です。
私はこのたび「プラシーボ反応、ノーシーボ反応~言葉の処方箋~」というタイトルで日頃の勉強の成果を発表させてもらいました。

下記が私が作ったレジュメ(資料)というやつです。
こういうのは見たことは何度もありますが、作ったことはこれが初めてですから、右も左もわからないなかネットで調べて作りました。なんとか、形にはなっているのではないでしょうか?

サラリーマンになった気分です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   プラシーボ反応とノーシーボ反応~言葉の処方箋~

平成21年9月22日 第14回敬身会(京都)

~焼肉を食べた時のみなぎるパワー、栄養ドリンクを飲んだときのフツフツと湧いてくるやる気
賞味期限が切れていたことを知らずに食べてしまったが、それを知った途端に起こる腹痛~
→このような現象を医療の分野では『プラシーボ効果』と呼ぶ

1、プラシーボ効果とは?

日々の子供観察=「いたいの、いたいのとんでいけぇ~!」と絆創膏
・シップに対する個人のイメージ→『思い込み・気休め・みせかけ』の持つ力
→こころから発信されたメッセージが、からだに届いたときに起こる変化

『Plasebo=偽薬』の意→プラセボとはプラシーボ効果を引き出す物やことなどを指す
手術・薬剤など形のあるものや心理療法・カウンセリングなどの形のないものも含む

手術・注射・投薬・その他の医療行為→30~40%はプラシーボ効果(20~60%)
実際に免疫系・自律神経系・内分泌系などに作用することがわかってきている

2、プラシーボ反応とはなにか?

『条件付け⇔期待』の良好な相互関係がプラシーボ反応を引き出す
→条件付け:過去に繰り返された体験が体の変化に一定のパターンを生み出す
→期待:起こることを事前に予測したために起こった体の変化

・自分が使っている薬は効かなかったが友人に勧められた薬を使った途端に治った腱鞘炎
・何年もぐっすり眠れなかった女性。シップを貼っただけでグッスリ眠れる?

3、ノーシーボ反応とは?

『条件付け⇔期待』の負の相互関係がノーシーボ反応を引き出す
「ネガティブな期待を抱けば健康に悪い可能性が高まる」
〇腰痛患者を無作為に2群に分けた臨床試験 ポジティブ群とネガティブ群の考察
→否定的で曖昧な説明をするよりも、肯定的で丁寧な説明をしたほうが予後が良好
●家族や友人の悪気のない忠告がもたらすノーシーボ反応

4、ノーシーボであふれる現代社会

→人々の健康に対する不安をいたずらに煽る風潮=TV番組や新聞、インターネット
→医療・医療者への不信感・不満がさらに火に油を注いでしまっている

5、まとめ

医療技術の細分化・専門化が進むなか、「病を診て人を診ず」の傾向は加速の一途を辿り、医療者と患者の距離は広がっていく一方に感じられます。今日の医療不信などの問題は、それらが引き金になっているのではないか?と私は推測しています。
そんななか、人や地域に密着している我々柔道整復師にしかできないことがあるのではないかと考えたとき柔整師としての技術はもちろんのこと、プラシーボ反応を上手に利用することは日々の診療において非常に強力な味方になってくれるのではないかと考えました。
そのためには患者の微妙な心の動きを感じたり、感情に対する深い洞察力が必要になります。そういった繊細な心情を理解できるのも、患者との距離感を大切に考えることを基盤にした伝統医療ならではの強みではないかと私は思います。
そのためには『言葉』というものが非常に重要なツールになってくると考えられます。施術者が意識して患者の持っている『条件付け』や『期待』を刺激しプラシーボ反応を引き出そうとするとき、患者の持つ「治ろう」「治そう」という力をこころからからだへ最大限に伝えることができるのではないかと想像しています。
しかし、そこにはノーシーボ反応という影の部分があることを忘れてはなりません。患者に対して何気なく口にした一言が不安や心配の種になることも考えられます。
以上をふまえ最善を尽くして患者、一人一人の状態に合わせた形で言葉を『処方』するということを忘れてはなりません。
そして患者がどんなに悪い状態であっても希望をみつけ期待を抱けるように道筋を照らし導いていくことも大事な医療行為のひとつだと私は思います。

参考文献
「心の潜在能力 プラシーボ効果」広瀬弘忠 朝日選書 2001
「プラシーボの治癒力 心がつくる体内万能薬」ハワード・ブロディ著 伊藤はるみ訳   日本教文社 2005
「腰痛は<怒り>である 痛みと心の不思議な関係」長谷川淳史 春秋社 2000
「こころと体の対話 精神免疫学の世界」神庭重信 文藝春秋 2000

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私を含め5人の先生方の発表があったのですが、トップバッターということもあり、緊張しましたね~。深呼吸をして気持ちを落ち着かせようとしましたが、なかなか上手くいきませんでした。

発表が始まると緊張のためか、かなり駆け足な説明になってしまいました。
もうちょっと余裕があれば、よかったかなと反省しています。

それでも「初めてにしては上手でした」という言葉をいただき嬉しかったです。
その後に発表された先生方の発表は堂に入ったもので、感心させられました。

会場は鴨川を一望できる由緒ある宿だったのですが、そのせいもあってとてもよい雰囲気で会が進みました。
一風呂浴びてから懇親会に突入し、ワイワイとその日は無事終了いたしました。

続きはまた明日!

イチローの胃潰瘍

私の痛み

 

イチローの胃潰瘍
心療整形外科

腰痛だけに関わらず、その他の部位(頚・肩・膝etc)においてもこういうストレス前後の痛みというのは臨床においてよくみられます。
痛みだけでなく、イチロー選手のように胃潰瘍や風邪をひいたり鼻水が出たりする形をとる場合もあると思います。

しかし、患者さんの中には何か外因的な原因がないと、どうしても納得しない方もいらっしゃいます。
例えば「重い(軽い)ものを持った」「激しい(軽い)運動をした」「20年前の事故のせい」などなど。

それもあるとは思うのですが、それだけでもないわけで…。

「何もしてないけど痛くなった」という方にも「ストレスではないですか?」というのは、なかなか言いづらいのが現状です。

他力本願ではいけないのですが、もう少しこの「生物・心理・社会的医学モデル」が世の中に浸透すると色々こちらとしてもやりやすいし、患者さんにもプラスになることが多いような気がします。

グチみたいになりました…。