正しい姿勢、正しくない姿勢ってなに??

スーパー在野人

 

反証的、鍼灸・手技・心理臨床
sansetu.exblog.jp
スーパー在野主義のすゝめ 2

たとえばスーパー在野主義には正しい姿勢などありません。
それは自分にとっての正しい姿勢とは常に変化するからです。
単に楽であればいいということでもありません。
姿勢が先にあるのではなく、まず目的が先にあります。
その目的に応じた姿勢を自分の体の現時点の構造と能力とで相談しながらつど作ります(試します)。

(中略)

あるいは正しい身体姿勢は「コレ」というような絶対的なものがもしも決まっていたとすれば、筋・骨格系はもとより内臓までもが既に不可逆的変性・変形者となっている場合の多い老人や、先天的変形者や、事故や病気による変形者は、生きている間中「正しくない」ということになってしまいます。

これに続いて「カムイ伝」についての深イイお話になりますので、いちいち頷きながらリンク記事を読んでみて下さい(押忍)。

わたしも数年前までは「正しい姿勢」なるものがあると信じていました。し、そういう態度で患者さんに接してきました(例えば「姿勢が悪いから腰痛になるんですよ」とアドバイスするetc」)。

しかし、この考え方では「納得」できないばかりになってしまいます。

例えば先天的に腰椎が多い人、これ結構多いそうです。わたしも今まで診た患者さんの中に2~3人いらっしゃいました。
5個で正しい腰椎が1つ多い、ということは「正しくない」状態であり、ひいては「正しい姿勢」をつくることはできない。

片方の棘下筋がほとんど萎縮してしまっている人。片方の殿筋だけ異常に緊張している人。背部の筋肉が岩のように凝り固まっている人。前腕骨に先天的に変形している人。などなど「正しくない」状態をもつ人は挙げたらキリがありません。

かく言う、わたしも「過剰歯」といって普通なら32本しかない歯が33本あります。ここでいうところの「正しくない」状態です。

でも、みんな生きています。

「正しい姿勢」があるとすれば、わたしを含めそういう人達は「正しくない」グループに入ってしまうわけです。
そして「正しくない」を「正しく」したいと考える。もしくはあきらめる…。

そんなのは馬鹿馬鹿しいことだとわたしは思いました。
そんなのは医学(とか)が勝手に作った「正しさ」だと気づきました。

あきらめたくないと思いました。
よく考えてみれば、それだけのことだと。

あと何年この仕事ができるかわかりませんが、この「正しくない」人たちに「あきらめて下さい」と言い続けなければならない人生なんて糞食らえだ!と思いました。

「納得」できないから「納得」したい…。

少々、熱くなりましたが最後にこの言葉で締めくくります。

「あきらめたら、そこで試合終了ですよ」by安西先生

広告

『ヨーロッパの腰痛診療ガイドライン』

早起きは三文の得

 
今日は5時半に起きて早朝「ネット」サーフィンして一汗かきました。
今日の波はわりとハラショーな感じで朝日が目に染みました。結果的にはいいランディングになったのではないでしょうか?

『ヨーロッパの腰痛診療ガイドライン』なるものを見つけました。
まぁ見つけたと言っても、それを説明したHPを発見しただけです。

このヨーロッパの腰痛ガイドラインがよくできてるわけです。

私は英文が読めませんので、このHPに載っている訳された文しか読んでいませんが、今までの腰痛に対する文献にはない爽やかさを感じました。重大な脊椎の病変が疑われるものを「レッドフラッグ」として、速やかに専門医での検査を勧めています。

まず最初に、腰痛患者を診断する時、急性・慢性とも、
「重大な脊椎病変の可能性があるかどうか」 をチェックします。
それには、『 レッドフラッグ 』 というチェック項目を使います。

レッドフラッグに該当した患者には、画像検査や血液検査をして、
「重大な脊椎病変」がないかどうかを調べます。

『 レッドフラッグ 』 がない場合は、
時が経てば、自然に治ってしまう種類の腰痛と考えられる。

「レッドフラッグ」があてはまらない場合は「イエローフラッグ」をチェックするそうです。
このイエローフラッグは腰痛と「心理・社会的要因」の関係を如実に表しています。

これが良くできているな、と感心しました。
環境や文化が違っても腰痛に対する心理的な葛藤や社会的な意味合いが似通っていて非常に興味深く読ませて頂きました。

以下に引用します。試しに答える場合はあまり考え込まずパッと「はい」か「いいえ」で答えてみて下さい。

『 イエローフラッグ 』 の内容(抜粋)

★ 腰痛は有害だと信じているか、あるいは痛みへの恐怖心から、回避行動 (動作恐怖と極端な用心深さ)をとり続けているため、そのうち車椅子生活や寝たきりになるかもしれないと思っている。

★ 痛みが完全に消えてからでなければ、日常生活や仕事には戻れないと考えている。

★ 日常生活や仕事によって、腰の痛みが強くなると思っているので、元の生活に戻るのが不安である。

★ 腰の痛みを消すのは、難しいと信じている。

★ 長い間安静にしたり、必要以上に休息をとったりする。

★ 日常生活動作を避けているため、運動不足である。

★ 0~10までの尺度で痛みをきかれる時、10を超えるようなきわめて激しい痛みを訴える。

★ 腰痛を発症してからあまりよく眠れない。

★ 職場復帰に対する経済的動機が乏しい。

★ 生活保護(所得保障)や医療費の問題で紛争していて、その解決が遅れている。

★ 腰痛以外の傷害や痛みの問題で仕事を3ヵ月以上休んだことがある。

★ 機能回復を目指す治療は行なわずに、安静を指示された。

★ 腰痛に関して異なる診断や説明を受けて混乱した経験がある。

★ 絶望感と恐怖心をいだかせる(車椅子生活を連想させるような)診断名を告げられた。

★ 身体を機械のように考えていて、その修理を求めるような技術的な治療法への期待感がある。

★ これまで受けてきた腰痛治療に対して不満がある。

★ 仕事をやめなさいというアドバイスを、受けたことがある。

★ 日常生活や仕事によって強くなった痛みに対する恐怖心がある。

★ 自分の気持ちを抑えられないほどの大きなストレスを感じている。

★ 配偶者やパートナーが過保護である。あるいは、痛みに対する恐怖心をあおったり、絶望的な気持ちにさせたりする。(たいていは善意からのもの)。

★ 職場復帰へ向けたあらゆる試みに家族の協力が得られない。

★ 仕事は腰にダメージを与え、危険で有害なものだと信じている。

★ 非協力的で不幸な職場環境で働いている。

★ 24時間交代勤務制、もしくは人が働かないような時間に仕事をしている。

★ 腰痛に対する会社側の対応で嫌な思いをしたことがある。腰痛になったことを報告するシステムがない、報告が禁止されている、経営者や上司からの懲罰的な反応など。

これを読んだあと、日本の「腰痛ガイドライン」を読みましたが、わかりづらいったりゃありゃしない!読みづらいし、何書いてあるかわからない(それは私のせいだって…!?)。

世界中のヤギに食べてもらいたくなりました。

ヤギも腹を壊しそうです。メェ~。

「腰痛白書。http://cavalleria.info/index.html」
(青字引用の部分は全てこちらから引用させていただきました)

脊椎手術が、運動療法や内科的治療よりも“4年間”にわたり優れている

脊椎手術が、運動療法や内科的治療よりも4年間にわたり優れている

 

専門医療ニュース&ジャーナル
脊椎手術が、運動療法や内科的治療よりも4年間にわたり優れている
2009年1月13日 提供:Medscape
http://www.m3.com/news/SPECIALTY/2009/1/13/86106/?q=%E8%85%B0%E7%97%9B

4年間追跡したSPORT試験の最新分析により、腰椎椎間板ヘルニアに対しては非手術手法よりも脊椎手術のほうが、症状の解消が迅速かつ程度が大きく、機能改善の程度も大きいことが示された。

Pauline Anderson
Medscape Medical News

【12月30日】腰椎椎間板ヘルニアの患者には、非外科的治療よりも脊椎手術のほうが症状の解消が迅速でその程度が大きく、機能改善の程度も大きいという以前に出された2年間結果が最新研究で4年間に拡張された。

手術は非手術的手法ほど患者を迅速に職場復帰させることはできないが、手術のほうが費用効果が高いというエビデンスが豊富にある。

「患者、家族、保険者や行政が知りたいのは、この治療効果がどのくらい長く続くのかだ。短期間なのか、それとも長期間有効なのか?」と論文著者の一人であるダートマス・ヒッチコック医療センター(ニューハンプシャー州レバノン)のWilliam Abdu, MDが述べている。「その答えは、現在の4年間までの段階では、手術群のほうが依然として非手術群よりも良好であった。いずれの治療群とも大きな有害合併症はなく、4年に至るまでそれに変化はなかった。」

今回の試験では非手術群の患者もある程度は改善しており、それが4年間にわたって維持されたことをAbdu博士は強調している。博士によれば、この試験の目的は、ひとつの治療法が正しくてもうひとつの治療法は正しくないことを証明するのではなく、情報に基づいた治療法の選択ができるように患者に情報を提供することである。

Spine. 2008;33:2789-2800. Abstract

Medscape Medical News 2009. (C) 2009 Medscape

時間のある方は全文読んでみて下さい。
とても興味深いです。

これは4年間という時間の価値をどういう風にとらえるか?と考えます。

長いのか?短いのか?
若者にとっては短い?お年寄りにとってはちょうどいい、もしくは十分過ぎるのか?

もうひとつは、「優れている」というのは誰がどのように判断しているのか?

博士なのか、研究者なのか、先生なのか…。
これはもちろん患者さん自身が優れていると感じていて欲しいものです。

今回の試験では非手術群の患者もある程度は改善しており、それが4年間にわたって維持されたことをAbdu博士は強調している。博士によれば、この試験の目的は、ひとつの治療法が正しくてもうひとつの治療法は正しくないことを証明するのではなく、情報に基づいた治療法の選択ができるように患者に情報を提供することである。

ごもっともだと思います。
喧嘩してる場合じゃないんです。

痛みに苦しんでいる人は数え切れないほどいるわけですから。

「わからなことはわからない、できないことはできない」
ありのままの情報を公開するだけで、どれだけの人が助かることか…。

腰痛患者に迅速な画像診断は不要

接骨院ではもちろん、レントゲンは撮れません。
MRI・CTスキャンも御法度です。

でも、骨折や脱臼の施術ができる…。
私たちの業務を知らない人(大概の人が知らないが…)が聞いたら「?」マークですね。

「われわれぇ~柔道道整復師の業務はぁ~(運動会の選手宣誓のように…)」

「柔道整復師」とは、ほねつぎ・接骨師・整骨師として広く知られ、厚生労働大臣免許の下で打撲、捻挫、挫傷(筋、腱の損傷)、骨折、脱臼などの施術をする職業の正式名称です。
柔道整復師は、大学受験の資格がある者が3年以上、国が認定した学校・大学で専門知識を修得し、解剖学、生理学など11科目の国家試験をパスして取得できる資格です。

柔道整復師が施術を提供する接骨院や整骨院は公的に認められた機関であり、保険医療機関と同じように保険証でかかることができます。また病医院等での勤務やスポーツトレーナーとして、活躍の場を広げています。介護保険制度の中でも、ケアマネジャーや機能訓練指導員として福祉分野に貢献しています。

柔道整復術は日本古来の医術の一つで、「柔術」の活法を基本とし怪我人を回復させる技術として伝承されてきました。明治以降、この技術に東洋や西洋の医学技術を織り成して発展向上を遂げ、現在は骨・関節・筋・腱・靭帯など運動器に加わる急性、亜急性の原因によって発生する骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲などの損傷に対し、手術をしない「非観血的療法」という独特の手技によって整復・固定・後療等を行い、人間の持つ自然治癒能力を最大限に発揮させる治療術です。

日本柔道整復師学会 http://www.shadan-nissei.or.jp/judo/index.html

わたしはいつもこう考えています。
「レントゲンが撮れないからこそ、できることがあるのではないか?」

負け犬の遠吠えかもしれませんが、いつもそう考えています。

Lancet誌から
腰痛患者に迅速な画像診断は不要
1800人を対象としたメタ分析の結果
大西 淳子=医学ジャーナリスト
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/lancet/200902/509553.html

腰痛治療のガイドラインは、重症を示唆する徴候のない急性腰痛の患者に対する画像診断を推奨していない。にもかかわらず、画像診断は広く行われている。米国オレゴン健康科学大学のRoger Chou氏らは、重篤な基礎疾患が見られない腰痛患者に対して、迅速に画像診断を行った場合と、画像診断なしに通常のケアを実施した場合の臨床転帰を比較した無作為化試験を対象に、メタ分析を行った。得られた結果は、迅速な画像診断は不要であることを示した。詳細は、Lancet誌2009年2月7日号に報告された。

重篤な基礎疾患(癌、感染、馬尾症候群など)の徴候がない腰痛患者にも画像診断は利益をもたらすのか。著者らは、そうした患者が受診した場合に、早い段階で画像診断を行う方法と、イメージングなしで通常の治療を開始する方法の臨床転帰を比較する系統的レビューとメタ分析を実施した。

著者らは、以上の結果に基づいて、重篤な基礎疾患が見受けられない腰痛患者に迅速な画像診断を行っても、予後の改善はないため、イメージングの日常的な適用は避けるべきだ、と結論した。

迅速な画像診断は、放射線被曝とコスト上昇をもたらし、場合によっては不必要な侵襲的治療の施行を招く可能性もある。ただし、腰痛患者の多くが「画像診断は行われるべきだ」と考えていることを示すデータもあるため、画像診断に利益がないことを患者にも伝える必要があるだろう、と著者らは述べている。

イチローの胃潰瘍

私の痛み

 

イチローの胃潰瘍
心療整形外科

腰痛だけに関わらず、その他の部位(頚・肩・膝etc)においてもこういうストレス前後の痛みというのは臨床においてよくみられます。
痛みだけでなく、イチロー選手のように胃潰瘍や風邪をひいたり鼻水が出たりする形をとる場合もあると思います。

しかし、患者さんの中には何か外因的な原因がないと、どうしても納得しない方もいらっしゃいます。
例えば「重い(軽い)ものを持った」「激しい(軽い)運動をした」「20年前の事故のせい」などなど。

それもあるとは思うのですが、それだけでもないわけで…。

「何もしてないけど痛くなった」という方にも「ストレスではないですか?」というのは、なかなか言いづらいのが現状です。

他力本願ではいけないのですが、もう少しこの「生物・心理・社会的医学モデル」が世の中に浸透すると色々こちらとしてもやりやすいし、患者さんにもプラスになることが多いような気がします。

グチみたいになりました…。