アトピー性皮膚炎考②

http://paincouch.exblog.jp/13778566/

昨日の記事について補足

今日は昨日の記事について、まず最初にお断りしておきます。
本当は経過を追って記事にするつもりでしたが、誤解があるといけませんので先に娘の皮膚症状の経過を記します。

11月の始めから行った、うるおい療法(ワセリン&ラップ)の『約2週間ほどの継続』では娘の肘の皮膚炎症症状は良くなりませんでした。

11月25日に病院に行って『ステロイド軟膏』と『痒み止めの飲み薬』を処方してもらいました。
そして、このステロイド軟膏と痒み止めの使用にて皮膚の炎症症状は治まりました(現在は使用中止中)。

かと言って「うるおい療法」が劣っていて「ステロイド軟膏」が優れていると言いたいわけでもありません。
その反対もしかり…。

私はある薬が「良い」とか「悪い」とか、ある治療法が「良い」とか「悪い」とか、言いたいのでは決してありません。
それをどう選んで、どう使うのか、ということが大切である!と言いたいのです。ただ、それだけなのです。

sansetu先生のブログに参考になる良い記事がありますので紹介させていただきます。

反証的、鍼灸・手技・心理臨床
喘息と鍼灸
http://sansetu.exblog.jp/14513187/

基本的には通常医療で何か不都合なことのない限り、ほとんどの疾患は医療先行が良いと思っています。
それでうまく行かない時に初めてそれ以外の選択枝を考えればよいと思います。
ただ医療先行でうまく行かなかったからといって、それだけで通常医療が効かなかったという判断をすることはできません。
私のこれまでの問診経験によれば、多くの人がダメ医者にかかったことで通常医療を過度に誤解しているケースが実に多いのです。
前に「固有名詞で行こう」でも書きましたように、現実の世界に於いては、通常医療などという具体はそもそも存在しないわけです。現実に在るのは通常医療ではなく「何々先生の臨床」でしかないのです。
たまたま食べた駅前のラーメンがまずかったからといって、ラーメンというジャンルがまずいわけではないのと同じことです。
そのような場合にも、私はちゃんとした医者のかかり方を教えています。
もちろんその場での必要性があれば治療もしますが、まずは市民に対しては、せっかく高い健康保険料を支払っているのですから、まずはその範囲で問題を解決できる能力を身に付けていただきたいわけです。

体のどこかに不具合(ケガや病気)を感じた際、選択肢は限りなくあるはずなんです。
その中でも急を要するもの、そうでないもの、その中間のもの…といったような、その状態もたくさんあると思われます。

①急を要するもの(病院に早く行った方がいい)→骨折や脱臼、出血が止まらない傷etc…こういったものはすぐにでも病院に行き(ちゃんとした)医師に診てもらえば、メリットの方が上回る可能性が高いと考えられます。
②しばらく様子をみても大丈夫なもの
③家で治せるもの
④薬局の薬で間に合うもの
⑤民間・伝統療法で間に合うもの
⑥通院程度で間に合うもの

今ちょっとこれくらいしか思いつきませんが、とにかく色んな病態・状態が存在するわけです。

今回、娘の肘の状態を見てまず私は②を選びました。
そして③を選んで、それから⑥を選んだ、ただそれだけのことを言いたいのです。

だから決してこのブログを読んでいる方々にステロイドを勧めているわけではないし、かといってステロイドがダメと言っているわけではないということです。

今回は⑥で症状が軽快したわけですが、それでもダメな場合はまた違う選択肢を探して選んで試せばいいのではなかろうか、ということ言いたいのです。
「探して選んで試す」と簡単に書きましたが、『賢く』という前提条件が付くことは言うまでもありません。
だから「賢く探して、賢く選んで、賢く試す」ということです。

賢く物事(ここでは医療について)をすすめるためには、それなりの経験が必要となります。
経験を積めば、コツがわかります。コツがわかれば迷わずいけるようになってきます。

でも、その為には多少のリスクや遠回りが必要になります。今回の私の娘のケースで言えば②と③の過程がそれに当たります。最初から病院に行きステロイド軟膏を処方してもらっていればよかったわけです。

それでも②と③を私が探して選んで試していたわけです。なるべくリスクのでない方法で。ここがキモです。
で、それがダメだったので次の選択肢を探して、選んで、試して、たまたま上手くいったのです。

こういうことを積み重ねることによって「自分のこどもの体のこと」が段々わかってきますね。
自分の体でも同じことが言えますね。これが一番大事なんだと私は考えます。

私はある薬が「良い」とか「悪い」とか、ある治療法が「良い」とか「悪い」とか、言いたいのでは決してありません。

それをどう選んで、どう使うのか、ということが大切である!と言いたいのです。ただ、それだけなのです。

この記事を書いている間に2回もパソコンがフリーズしてしまい、ちょっとわかりづらくなったかもしれないので、このことについては追ってまた記事にしたいと思います。

広告

アトピー性皮膚炎考①

http://paincouch.exblog.jp/13724227/

アトピー性皮膚炎考①

長女にその兆候が見られたのは9月の終わりか10月の初めのことだったでしょうか?
最初に症状が出たのは両肘の内側。ボーッとTVを見ているときなどに何の気なしに肘の内側を掻いています。「おかしいな」とは思ったのですが、まだ暑い時期だったので『アセモ』だと思って私も嫁さんもそんなに気にも留めず、お茶を濁しておりました。その証拠に10月には証拠写真を一枚も撮っていません(汗)。まぁ、ほっとけばそのうちよくなるだろうと思っていたわけです。
しかし10月を半ば過ぎても良くなるどころか新たに首も痒がりだして、肘の内側も痒い範囲が広がって500円玉ほどに赤くなってしまいました(右側の方が症状が強い)。

「こりゃ、なんとかしなくては…」と、まず嫁が治療に当たりました。そうです、ワセリン&ラップでおなじみの『うるおい療法』。新しい創傷治療のHPにも「ワセリン&ラップ(プラスモイスト)」で良くなった、という記事がありましたのでとりあえず試すことに…。

↑ 治療を始めたばかりの11月6日の肘の写真です。潰瘍みたいになってます。2枚目の写真ではカサブタのようなものが見られますね。
風呂上りにワセリンを塗ってラップで覆いテープで固定しました。朝、保育園に行く前に新しくラップを交換を続けて行いました。

↑ 11月7日。たくさん撮ったのでたくさん見ていただきましょう。かなりの接写なのでコツがいります。これでもキレイに撮れてるやつを選んで載せていますので悪しからず。
朝、ラップをはがしてみると4枚目のように妙なテカテカ感がでることがよくありました。

右手か左手か撮った本人もわからない状態で申し訳ありません。反省点です。
とにかく『ワセリン&ラップ』を繰り返すことにしました。首はさすがにラップは出来ませんでしたのでワセリンを塗布するだけにしておきました。

それとなるべく「掻かないように!」と言い続けました。でも寝ている間に掻くんですね。無意識のうちに。
そうするとラップの上から掻くことになるのですが、そのうちラップもはがれてしまいます。しかし、親も就寝中ですから、こればっかりは止められません。
そこで包帯でグルグル巻き作戦を実行しました。これだとどうやっても掻くことはできません。

これで更に様子をみることにしました。

つづく…。

追伸…タイトルは「アトピー性皮膚炎」となっていますが、この時点では病院にはかかっておらず、医師に診断されたわけでがありません。私が勝手に「これはアトピーだ!」と思っている状態です。

『マリンピア日本海』でプレイ!!

連休初日は『マリンピア日本海』に馳せ参じました。
後日、書きますが新車を買ったのですよ(ホントは中古)。へへ~(春日風に胸を張って)。

カーナビ付いてっから、もう迷わない、迷わない!
生粋の方向音痴の私に強い援軍が現れました。

スイ~ッと2時間ほどで到着。
連休初日ということもあり、まだ10時過ぎだったのですが、結構混んでます。

 

イルカのジャンプ力に「敬礼!!」
でも、子供たちはあまり興味を示さずウロチョロ遊んでいます。親の心、子知らずなり。

 

 

外の公園の方が好きなようです。ほとんど魚は見ていません…。

仕方なくシーソーで遊ぶワ・タ・シ。
まだまだキャツラに水族は早いようです。

昨日はダラダラと過ごしました。
朝、長男と散歩してきました。チョウチョに「ばいば~い」と言っているのをみて、こいつも大人になったなぁと目頭が熱くなりました。

こういうとき、なるべくすれ違う人たちに挨拶するようにしています。
子供に真似してもらいたいからね。

果物やの前に試食用に置いてあったみかんをほうばる長男の図。

そのみかんの皮でティッシュ代わりに長男の鼻水を拭く私…。
それを嫌がる長男…。
追いかける私…。
逃げる長男…。

日が暮れた

『大胡ぐりーんふらわー牧場』でプレイ!

昨日は群馬県の『大胡ぐりーんふらわー牧場』というところに行ってきました。
ETCのおかげで群馬もグッと近距離になりました。

暑くもなく寒くもなく、子供が騒ぐには絶好の日和となりました。
いや、しかし、騒ぎすぎて見てる方は疲れますね…。あいつら加減ってものを知らねぇ…。

 


この滑り台が曲者で、下がローラーになっていて良く滑るのですが振動刺激がものスゴイです。おしっこを我慢して乗った日にはチビルどころか全部出てしまうのではないか?と思います。

 

 


長男がはしゃぐはしゃぐ…。かなり遠くから『ゴルゴ13』が狙撃を試みても、一瞬たりとも止まっていませんから、流石のゴルゴも狙撃に失敗したのではないでしょうか?そのくらい飛び回っていました。

 


我が家の家訓で『動物園、および動物を前にして「臭い」と言ってはいけない』というのがあります。こういう動物のリアルなところを感じることも、とても大事だと私は思っています。


長女はたんぽぽに夢枕で表彰されるくらい、たんぽぽの種を吹いては飛ばしていました。
こういうところが男女のちがいなんですかねぇ~。

まだ、今日を含め3日ありますから、楽しみたいと思います!!