超小型衛星で地上の5mも見えたぞ

東北大学と北海道大学が共同開発した超小型地球観測衛星「雷神2」が、
高解像度多波長望遠鏡システム(HPT)を用いた望遠撮影の実験を始め、
7月2日に梅雨の晴れ間を捉えて、
地表の5mまで識別した写真を撮影することに成功した。

雷神2は重さ43kg、1辺50cmの立方体で、
開発費3億8000万円の安価な超小型軽量衛星。

今回撮影した写真の地表5mの解像度はこれまで、
重さ150kg以上の衛星で実現しているが、
重さ50kgクラスの衛星としては世界最高という。
研究チームが、新潟県南魚沼市の市立大巻中学校付近の
水田を撮った代表的な写真を公開した。

写真は南魚沼市の3.2km x 2.2kmの範囲で、
水田を区画する幅5m未満の農道まではっきり識別でき、
地表での空間解像度は当初目標の 5m を達成した。

仙台高等専門学校と共に開発した液晶フィルターや、
特殊セラミックスのミラーなど先端技術を応用して製作した
HPT望遠カメラ(長さ38cm、重さ3kg)で撮影した。その優れた技術と、
衛星の高度な制御がかみ合っていることがわかった。

サイエンスポータル
http://scienceportal.jp/news/newsflash_review/newsflash/2014/07/20140707_02.html

なぜ南魚沼市…
なぜ大巻の田んぼ…

選出された理由が全くわかりませんが
夢のあるすごいはなしですね。

盗聴どころの騒ぎじゃない
盗撮天国!!地球!!

価値あることに使ってもらいたいですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中