今年の山開きはこんなようすでした!!

やまびらき【山開き】 とは…

一般には,その年初めて登山者に山を解放することをいう。

古来人々は山岳を神聖視し,神霊の宿る地としてあがめてきた。
その背景には,山岳を神々との交流が可能な異郷と見,
死霊のいる場とする山中他界観がある。

山岳は,狩猟・焼畑耕作民の生活空間であったが,
山麓で水稲農耕を営む住民にとっては,禁断不入の地とされていた。

農耕民の場合,山岳を水分(みくまり)の霊地としてあがめることから,
山神の分霊をまつる里宮ができ,山宮が成立し,
神霊が里と山とを去来するという信仰が生まれてくる。

http://kotobank.jp/word/山開き

10503861_728284650548877_285590017_o

6月30日(月)に坂戸山の山開き『百八灯』が行なわれました。

1度は途絶えてしまった伝統行事なのですが、毎年恒例になりつつあります。

百八灯を灯すロウソクは企業や市民の皆様からご協賛をいただき、
名入れのロウソクはな、なんと160本!百八灯(108)ではありますが160本もの
ご協賛をいただきました。 これは本当にすごいことです!

そして当日の点火係は六日町観光協会が募集した市民ボランティアの方々。
最近、話題の南魚沼市のランニングチーム”RUNBAKA(ランバカ)”のメンバーを
はじめ、たくさんのみなさまからご協力いただきました。

10503355_728284477215561_485472048_o

実は私自身、初めて夜の坂戸山に登ったのですが、
山頂から見渡した南魚沼市の景色に圧倒されました。

南魚沼市がこんなにすばらしいところだったのか改めて実感しました。
ココに生まれてよかった、坂戸山があってよかった、愛すべき故郷だなと。

本当に感動しました。

10515770_728284637215545_871341133_o

今回は坂戸山を愛する方々のコミュニティの『南魚沼市・坂戸山ラ部(Love)』という
フェイスブックグループのみなさんと参加させていただいたのですが、
一緒に登った方がこういう話しをされていました。

「坂戸山のおかげでいろいろな人たちと出会い、つながり、大変感謝している」

と。私も最近、坂戸山に登るようになり、同じことを感じていました。

本当に坂戸山には感謝しきれないです。

10342772_728149930562349_313106096323636582_n

最後にみなさんに紹介したいことがあります。

”目の前の山に登りたまえ。山は君の全ての疑問に答えてくれるだろう”

という世界的に有名な登山家の言葉です。

我々は目の前に山がいくつもある環境で生活しています。

もし”山に登ったことがない”、”最近は全く登ってない”、
”悩みがあって気分が落ち込んでいる”という方がいましたら…

「今登らなくていつ登るの!?今でしょ!(すいません、古いね…)」
と言えるベストシーズンなので、ぜひ登ってみてください。

日々の生活の中で必ず新しい発見があると思います。

(南魚沼市余川 小林卓史 地域プロモーションアドバイザー)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中