【SUマガジンに当院の広告を載せていただきました】

新潟県魚沼市にある『須原スキー場』
存続させるために作られたSUマガジン。

今回でVOL15になりました。
ちなみにフリーペーパー、大したもんですよね。

=============

〇SUマガジン冒頭より抜粋

新潟県魚沼市は6町村の合併によって生まれた。
合併前、ほとんどの町村は公営のスキー場を持っていた。
6町村で合わせて5つのスキー場が、合併と同時に
全て魚沼市営スキー場となった。

須原スキー場はその中の1つのスキー場。

2009年に発表された「魚沼市スキー場再編計画」は
市営5つのスキー場全ての民営化を目指すというものだった。

民営化ができないスキー場は閉鎖ということになってしまう。

あれから4年。

現在、須原スキー場は地元有志で組織された
「株式会社魚沼須原スキー場」が
魚沼市の指定管理を受けて運営している。

これは完全な民営化ではない。

スキー場自体は市の所有で
その経営を民間に委託している状態。

須原スキー場を残したいというたくさんの願いが
今スキー場をつなぎ止めている。

魚沼という雪深いこの地にとって、
スキー場は単なる観光資源を超えて特別な意味をもつ。

我々は須原スキー場で友情を培い、
自然の中で遊ぶ素晴らしさと厳しさを学んだ。
そして、それを子供たちに、
さらにその子供たちへと繋げていくことを強く望む。

雪国であることを誇れる未来を。

 

https://www.facebook.com/suhara.sumagazine?rf=363225070372685

よかったら、「いいね!」お願いします。

=============

SUマガジン制作委員長のヒロスイくんは
高校生の頃からの友人。

彼の頑張りに常々、刺激をいただいています!

近くのお店などで見かけましたら手にとって見てください。

ちなみに神保接骨院にも置いてありますのでどうぞ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中