魚沼地域医療ネット、利用者登録始まる

65機関が加盟、診察歴など共有

 2015年6月の魚沼基幹病院開院に向け、南魚沼市など魚沼医療圏内5市町の
医療・自治体関係者でつくるNPO法人「魚沼地域医療連携ネットワーク協議会」
(南魚沼市)は11日、異なる医療機関が患者情報を共有し
スムーズな診察ができるネットワークシステムの利用者登録を始めた。

新潟日報モア http://www.niigata-nippo.co.jp/life/medical/news/20131212083841.html

すごい世の中になったもんですね。

インターネットの力で過疎の地域にも光が当たるようになってきた気がします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中