慰問コンサート:渥美二郎さんが老人ホームで−−南魚沼 /新潟

毎日新聞 2013年11月29日 地方版

演歌歌手の渥美二郎さんが28日、南魚沼市長森の同市養護老人ホーム「魚沼荘」(金沢敏博所長、入所者57人)で慰問コンサートを開いた。同ホームでの慰問コンサートは今年で11回目。渥美さんは新曲や懐メロを熱唱。入所者にとっては、一足早いクリスマスプレゼントとなった。

ステージは、持ち歌の「霧の港町」で幕開けすると、入所者から大きな拍手がホールに響いた。この後、終戦前後の大ヒット曲「東京の花売娘」や「東京ラプソディ」などが次々に披露されると、手拍子を打ちながら一緒に口ずさむなど、お年寄りたちは、青春時代にタイムスリップした様子だった。

最後に渥美さんが作詞、作曲した最新のデュエット曲「東京ナイト」を同ホームの女性職員と一緒に歌うなど、約1時間の歌とトークの楽しいひとときを過ごした。

コンサート終了後、渥美さんは「喜んでくれる皆さんの笑顔が、明日へのエネルギーになります。また、来ます」と話した。【神田順二】

http://mainichi.jp/area/niigata/news/20131129ddlk15100100000c.html

渥美二郎さん…昭和の名歌手。

なんのご縁かわかりませんが、わざわざ南魚沼くんだりまで
お越しいただき、ありがたいことですね。

私も歌が大好きなので私が歳をとったら
ミスチルかビーズに慰問にきてもらう予定です(笑)。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中