コシヒカリ「毎朝食べる」南魚沼市民半数

地元産コシヒカリの普及促進を図る条例を制定した南魚沼市は22日、
市民約1500人を対象に実施したコシヒカリの消費動向アンケートの結果を公表した。10月に公表した市職員向けの結果と同様、
朝食で毎日、地元のコシヒカリを食べる人は半数を超えた。

 無作為抽出した市民を対象に10月下旬に発送し、882人が回答した。

 「朝食で1週間に南魚沼産コシヒカリを食べる日は何日あるか」という質問に対し、
「7日(毎日)」と答えた人は55・3%と半数を超えた。

 コメの入手方法については、「自分または家族で農業をして作っている」が42・3%。「農地を人に貸して対価としてもらっている」(11・7%)
、「市内の実家、親戚、知人などから買ったり、もらったりしている」(35・8%)を加えた「自家消費米、縁故米」が9割近くに上った。

 井口一郎市長は「よく食べているという結果だ。これを参考に、
南魚沼産の売り込みに拍車をかけていきたい」と話した。

(2013年11月23日  読売新聞) 

アンケート選ばれなかったなぁ…残念。

55.3%…思ったより少ない…。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中