左3指のヤケド治療例

左3指のヤケド

 
昨夜、ヤケドしました。
受傷直後は酔っ払っていたので痛みを感じませんでした。ちなみに昨日はビールとウィスキーと焼酎を飲みました。美味しかったです。

朝起きてみるとズキズキするし、なにかに触れるとピリッとします。ヤケドした時のあの感じです。水ぶくれもできてきました。

さて実験です。
「新しい創傷治療HP」によると、水ぶくれは破き中に溜まっている液体を出して、水疱膜(水ぶくれ部分の皮膚)を取り除きます。

針で刺して中の液体を抜く。針は消毒していません。痛みもありません。
今回は水ぶくれがふやけてから取ったほうが楽だと思ったのでこのステップは後回しにしました。

とりあえずワセリンからのラップのゴールデンコンビで処置。その上からテーピング。痛みがおさまる。
ここで注意したいのが、ラップを止めるテープのこと。ワセリンがついているとよくくっつきませんのでテープを張る部分にワセリンがついてしまった場合はよく拭いておく。それとワセリンのついた手でテープをいじると粘着力がガクンと下がりますので要注意。
わたしはキネシオテープでぐるっと一周して固定しました。



いい感じにふやけました。食べごろです。針でつついて水疱膜を取り除きます。
これね~ちょっと上手にやらないと痛みが出ます。あんまりキレイに取ろうと無理すると正常な部分の皮膚も引っ張られて痛いです。適当なところでやめたほうがいいです。

破くとお汁がこぼれます。ジュルジュル…。

「エイッ!!」
と、破き。矢吹ジョーからのワセリン、ラップ、テーピングで固定。ワセリン塗るときそっと塗って下さい。むき出しですからデリのケートですよ。

とりあえず今日はこんな感じでした。また報告いたします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中