腸脛靭帯、ランナーズニー予防ストレッチ【動画】

腸脛靭帯・大腿筋膜張筋ランナーズニーストレッチ

 

ランナーの悩める痛みの代表格と言えば、これをおいて他ないでしょう。

「ランナーズニー」腸脛靭帯炎についてのお話です。

(「骨格筋の形と触察法」 河上敬介 小林邦彦 磯貝香 大峰閣 1998)

主に膝の外側や太ももの外側に痛みがでることがあります。

原因としてはフォームと着地の衝撃の2つが考えられます。

そして上図でわかるように腸脛靭帯のほとんどは大臀筋(お尻の一番大きな筋肉)と繋がっています。

ということはストレッチをする際は大臀筋のストレッチも念入りにすることをオススメします。テニスボールを使ったマッサージでも同様、大臀筋を重点的に。

合わせてフォームの改善も必要になるかと思われますが、やはりここでも大臀筋に負担がかからないようなフォームに改善することが大事だと思われます。

実は私も左膝の腸脛靭帯炎“もち”なのであります!走る前と走ったあとの臀筋ストレッチはかかせません。

早朝の撮影。ご苦労様です。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中