痛みにはすべてが詰まっている

今日こそ書きたいことを書く!!

 
私のもうすぐ2歳になる息子が最近「イタイ」という言葉を使うようになった。
「あつい」「つめたい」とはまだ言えない。あとは「パパ、ママ」くらい。
ウルトラマンのことを「シュワッチ!」と言う。

ウチの子だけでなないと思う。このくらいの子供にとって「パパ・ママ」ほどではないが「イタイ」は馴染み深い言葉ではないだろうか?

3歳の娘も「いたい」という言葉を「やめて」とか
「いやだ」という言葉の代わりに使う傾向がある。
幼児がどのように痛み感覚を形成していくのか?
二人とも非常に貴重な実験台だ(笑)。

痛みは知覚か?情緒か?

「頭痛の種」「断腸の思い」「胸を締めつけられる思い」。
日本語の表現には、痛みと情緒との間の微妙な絡み合いを示す表現が少なくありません。

でもそれは、日本語に限られたことではないのです。
たとえば英語に「pain in the neck」という表現があります。文字通り訳せば「首の痛み」。

「ペイン・イン・ザ・ネック」と言うと、アメリカの口語で他人を不快にさせる人や、
不快にさせることを指し「頭痛の種」と同じように使うそうだ。

この言葉は首の痛みを単なる知覚としてではなく、
マイナスの情緒的反応を痛みに例えてうまく表現している。

情緒としての痛み

デカルトは迷うことなく痛みを知覚としてとらえ、その知覚に特異的な伝達路を提唱しました。その仮説がいかに根強く受け入れられているかは「痛みは触覚、温度覚などと並ぶ、知覚のひとつである」と述べて、それに疑問をさしはさむ人はまずいないことからも分かります。

しかし、歴史的にみれば、痛みを知覚としてとらえる
考え方は、そう古いものではないのです。
古代ギリシャの哲学者アリストテスは痛みを
情緒ー快感とは逆な情緒ーであると考えました。

千年以上続いたアリストテレスの考え方が、デカルトの
理論の出現により消滅してしまったわけではありません。

デカルトとほぼ同時代のオランダの哲学者スピノザは
情緒を三つに分け、痛みをそのうちの一つに
数えているばかりか、悲嘆と憂うつを痛みの
一側面としてとらえています。

ほうほう、フムフム。ここで国際疼痛学会の痛みの定義をご紹介します。
加茂整形外科HPより。

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_2.htm

不快な感覚性・情動性の体験であり、
それには組織損傷を伴うものと、
そのような損傷があるように表現されるものがある。

と、ありますので痛みと情緒(情動)は切っても
切り離せない関係にあることはこのことからもわかります。

歯の痛みは特定の場所、つまり歯に限局している。
しかし『痛み』という言葉は普通、限局した痛みだけでは
なく、歯痛という不快な体験全体を意味する」

(以上、緑字の引用 丸田俊彦 痛みの心理学 中公新書 1989 64~68ページ)

歯痛だけでなく腰痛も肩コリも、それ自体の痛みだけでなく
それにともなう苦痛(眠れない・動けない)なども、
それらが全て収斂して痛み像を浮かび上がらせる。
近くで見ればただの点に過ぎませんが、
ちょっと離れてみれば「痛み」の全体像として浮かび上がるわけです。

その全てが痛みという言葉に集約されてしまうので、ややこしくなる。


「痛み」という言葉ひとつに、その人にとってたくさんの出来事が詰め込まれている。
治療するものはそれを忘れてはならないと思う。

そして、それらをひとつずつの要素を理解していくことに
痛みから脱出する手がかりがあるのではないか?
と、考える。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中