【ふくらはぎの痙攣(けいれん)】ヘルニアが本当の犯人なのか?

ふくらはぎの痙攣

 

50歳代の男性。
数年前にヘルニアの手術。

手術後、腰痛自体はないそうですが今年の9月ころより、就寝中にふくらはぎがつる(痙攣)するようになる。

次第に毎晩つるようになり、あまり眠れない状態が続いている。

たまにふともも(ハムスト)の裏も一緒につる時もあるそうで、この時は地獄のような痛みだそう。

神経ブロック等も試したそうですが、効果はありません。

日中もふくらはぎがピクピクする感じはあるが、つったことはないそうです。

触診にて、ハムスト・ふくらはぎの全体的な張り感。
圧痛あり。股関節・膝関節異常なし。

私自身、現時点でいわゆる「ヘルニア」(腰部に限り)によって痛み・シビレその他諸々の症状が起こるとは思っていません。

現時点で痛み・シビレの犯人は「筋肉」であると想像しています
(そして、もちろん共犯者がいます)。

初診時に「ヘルニアのことはよくわかりませんが、痙攣するのは筋肉ですから筋肉を治療すれば痙攣は良くなると思います」と伝えた。

3回目の来院時に話を聞いていると、ある本を思い出しました。

あらすじは50歳代の男性がいわゆる坐骨神経痛を発症しありとあらゆる治療や代替医療(病院以外の医療施設)を試しますが、なかなか改善せず、最後には自分の力で治癒を勝ち取るというお話です。

この本の凄いところはまず、著者の方が全くの素人の方だということ。

しかし、電気関係のお仕事をなさっているそうで、この痛みという電気信号を科学的に捉え、そこからお医者さんでも考えつかない様な発想を展開していくところでしょう。

文章としても大変読みやすく、難しい用語などが使われていないところも非常にわかりやすい。

そして何より、最後には「痛み」に打ち勝ち健全な生活に戻られたことで終わるのが何とも気持ちいい。

話を戻して、年代も症状もこの患者さんに似ている、と思いこの本を貸し出しました。

で、一週間後本を読み終えて来院されたのですが、やはり自分の状態とは違うとではないか?との感想の様でした。

そして、その一週間の間に手術をした病院にも行って来たそうですが「足が痙攣する」と話をしたら、いまいちヘルニアが戻りきらなかったから、と説明をうけたそうです。

でも、マッサージやストレッチは筋肉にいいからやって下さいと言われたそうです(ん!?)。

私も懲りずにさらに「腰痛は怒りである」を貸し出しました。

私の経験上、短い時間にあれやこれやと端折ってヘルニアについて説明するより、じっくり本を読んでもらったほうが伝わるのではないかと考えます。

急いで下手に説明して、腰部のヘルニアに対する、さらなる誤解を招くのを防ぐためと、本を読んでもらってから説明に入ったほうがお互い時間を有効に使えます。

さて、どうなりますか…?

でも、実際ウチに来院されてから夜間の痙攣は少しづつおさまっているそうです。

それで、いいのだと思います。筋肉か痙攣するのですから、その筋肉に刺激を入れればいいのです。

全然難しくありません。

腰椎ヘルニア何て言うから話がややこしくなるのです。

いや、マジで。

==================================

【交通事故治療対応・キッズスペース完備】
神保接骨院

【住所】 〒949-6680
新潟県南魚沼市六日町31-11 ※駐車場6台あり
(六日町駅より徒歩5分 東北電力さんとなり)

【電話番号】 025-772-8152
(ホームページを見て…と、ご連絡ください)

【営業時間】

(月~土曜) 午前 8:00~12:00
午後 2:00~6:30

土曜午後・日曜・祝日はお休みさせていただきます。

【公式ホームページ】

https://minamiuonuma.me/

【クチコミサイト エキテン】

http://www.ekiten.jp/shop_3168543/

===================================

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中