湿潤治療のトクダネ

http://paincouch.exblog.jp/10689002/

湿潤治療のトクダネ

 
今朝のトクダネという番組で夏井先生の浸潤(うるおい)治療が取り上げられていました。
嫁がたまたま見ていたらしく録画しておいてくれました。感謝。

本ではなく、TVショーで見るとまた説得力を感じる現代っ子です。

繰り返し、簡単に説明させていただきます。
※簡単な切り傷・擦り傷、小範囲のヤケドに適応

①消毒は「毒」しません。代わりに水道水でよく洗う。
②患部を乾かさないように被覆する。

湿潤治療をすすめている病院では医療料の被服材があるそうです。市販のハイドロコロイド被服材では「キズパワーパッド」というものが商品化されています。が、ちと高価。
台所用のラップでも可。ワセリン等がお家にあればそれを患部に塗ってからラップで覆うか、ラップにワセリンを塗ってから患部を覆いテープや包帯などで固定。

夏場なら汗をかいたりしますので、できれば一日2~3回交換。
これだけで痛みもなく早くキレイに治ります。すでに我が家では標準治療法となっています。

乾かしてガーゼを当てるのは19世紀に発案されたものだ、と夏井先生は仰っていました。
骨董品なら価値がありますが、そうではないこともたくさんあるようです。

「脳みそにもうるおい治療がいるんじゃない!?」なんて言われない様にしたいですね。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中