間違った情報なら、ない方がマシだ!

http://paincouch.exblog.jp/14485889/

間違った情報なら、ない方がマシだ!

 

間違った情報なら、ない方がマシだ!
メディアは自分の報道内容の検証が必要不可欠
伊東 乾
日系ビジネスオンライン

震災後の報道、とりわけ福島第一原発に関連する情報の不正確さには、目を覆わざるを得ないものがあります。

当初のテレビはひどかった。ずいぶん改善の努力が見えますが、新聞・雑誌もすさまじい。いたずらに危険をあおりたてる作為的なものから、書いてる本人が意識していない放射線関連の基本的な誤記まで、「日本の報道」の大半が「文系職」だったのだと、改めて再認識しているところです。

そんな中で日経ビジネスオンラインは、歴代のご担当者の過半数が理工系出身者という珍しいメディア。そこで僕がこの連載を持たせてもらっているというのも、何かの縁かしらん、と思っています。

この度のことで日本中の人たちが情報というものと、どう暮らしていくべきか改めて考え直す機会ができたのではないでしょうか?
これを期にじっくりと考えてみませんか?

災害時に本当に身を守るべきなのは誰か。ほかならぬ自分自身です。自分で判断がつかなかったら、身の守りようもありません。そういう「安全のため自ら判断を下すのに役に立つ情報」を、報道機関は提供してゆかねばなりませんし、私たちはそこから内容を読み取って、懸念される可能性を察知し、講ずるべき対策を講じなければ自分の身の安全も定かでなくなってしまう。

結局最後に自分の身を、大切な人を守るのは自分自身です。
みのさんや、みやねさんではありません。デーブスペクターでもありません。大学の教授でもありません。

今得た情報が正確であるか否か、信頼度評価できる体制を局内スタジオ内に持たぬまま流れた情報が、今回の災害報道は極めて多い。政府や東電の「記者会見内容」解説をゲスト・コメンテータに投げた際、ジャーナリストのゲストが技術を理解せず、放射能被曝量などで初歩的なミスを犯すのを(以下に述べたような事情で)膨大な回数テレビで見た。

大半は逐一訂正されることなく、誤った印象を視聴者にも、またスタジオにも与えたままだった。受け答えするアナウンサーが一定の割合、内容を理解しなければ、分からない者同士の問答となり、生放送の場合、これらすべてが「情報」として発信されてしまう。

仕事をしている人ならわかると思いますが、今回の原発について詳しいことは我々素人はわからないことばかりです。もちろん最大限知ろうとすることは大事なことでしょうが、理解するのはかなり難しいでしょう。
テレビの向こうにいる人の全部が全部何でも知っているわけではありません。

普段は何気なく見ていた生放送の番組も、街中から一瞬にして水や食料がなくなってしまうこの状況下では、よく考えてみれば危なっかしいやり方ですね。

上の最後、結びの「災害の渦中、科学的に誤った危険な内容を流す放送なら、視聴者が自ら判断し排除したほうがよい」というのは、チャンネルを変えてしまえ、スイッチを切った方がいいという、メディアにとっては最も厳しい話です。テレビに思いも愛情もある自分として、決意をもって記しました。というのは、仲間だという意識があるからです。

私自身、テレビは本当に当たり前の空気みたいな存在として重宝してきました。
だから”スイッチを切ってしまう”という行為は身を切られるような思いです。
しかし、誤った早まった中途半端な情報を流されるくらいなら勇気を持ってスイッチを切るべきだと考えます。

これからそういった姿勢を視聴者一人一人が見せたとき、より安心で安全な情報が得られるようになるのだと思われます。

今、中期的に継続する災害の危機的状況の中で「これから日本人ができること、すべきこと」は、「状況を楽観も悲観もせず、冷静にとらえ、正確な情報を正しく理解するように務め、沈着に行動、安全を確保すること」に尽きる。

くれぐれも、不正確な情報で短慮に走ったり、パニックに陥ったりしてはならない。またそうした行動を誘発する軽挙妄動は言語道断である。

生まれ変わったつもりで、とにかくクレバーに情報と接する…新しいメディアとの付き合い方を構築するチャンスかもしれません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中