鍋の中のハーモニー

http://paincouch.exblog.jp/14227029/

鍋の中のハーモニー

私は料理を作るのが好きです。
この仕事をやってなければ多分、調理関係の仕事についていたと思います。

先日カレーを作った際、おもむろに鍋の中をかき回しているときに感じたことです。
”痛みの治療”とかけまして”カレー作り”と、といてみます。

「鍋の中のどこか一部だけの味を変えることはできない」ということと同じように…

「身体の中のどこか一部だけの調子を変えることはできない」ということなのです。

カレーというのは(シチューでもいいけど…)すべての具材が鍋の中で混然一体となってるわけなんで鍋の半分を甘口、半分を辛口にはできませんね。

それと同じことが人間の身体でもいえると思います。要は全体をみなければならないということ。

味見して塩辛かったら水を足したり、甘かったらルゥを足したり、隠し味にコーヒーやチョコを入れたり、問題は鍋全体のハーモニーなのです。

鍋の中で自分の食べるところだけ美味しくして、旦那のところだけイマイチにすることはできないのです。

ちょっと、わかりづらい例えなんですけど料理好きの私的には気に入っている例えです。
だから普段、料理なぞしたこともない!というあなた…。今度の日曜日にはカレーを作って物思いにふけてみませんか?

シチューでもいいけど…。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中