2010 12/18 認知行動療法セミナーin大崎

http://paincouch.exblog.jp/13845204/

2010 12/18 認知行動療法セミナーin大崎

先週の土曜日、品川区大崎の人事労務会館にて認知行動療法のセミナーがありました。
セミナーはAM9時半からのスタートでしたので7時前にこちらを出発しました。湯沢で新幹線に乗るときメッチャ雪が降っていたのに30分も上っていけば、そこはもう日本晴れだったのだ…。
大崎って山手線だから何回も通っていますが今回初めて降り立ちましたね。普通です。

今回のセミナー講師は慶応大学教授の大野裕先生です。やさしそうな方でしたね。ドーンと構えた感じで懐が深そうなナイスガイミドルでした。

今日は私がセミナー内でとったメモをまとめて、ここに記したいと思います。

○(認知療法とは)基本的には確認作業でしかない
○ベック→行動・体験が大事。ゆえに認知「行動」療法
○喪失感ー取り残された感ー悲しみから対象者への怒りへ→そしてその対象が自分自身になるとうつになってしまう。夢を分析し抑圧された怒りをみる(ベック)
○現実を見ないで自分でつくった仮説を信用してしまう(絶望感)。仮説(思い込み)>体験。
★直接、肌で体験する。現実を大切にするダメだと決めつけない。
○「ちょっと、やってみましょうよ」これがセラピストのキモ
○自分の世界(仮説、思い込み)から連れ出す
○トヨタ式未然防止手法
○躁→ポジティブ→現実世界から遊離する←ネガティブ←うつ
○生物学的に精神疾患は捉えられない(ゲノム×、特効薬×)
○決めつけると問題が見えなくなる。解決法がわからなくなる
○既成概念に縛られない
○患者さんとの話を聴いて疑問に思うことが大切
○いつの間にか大事なものを見失う→思い込み、決めつけのため
○喪失体験→悲しみ→引きこもり(自己防衛)→継続すると問題となる
○確認することでお互い(セラピスト、クライアント)楽になる
○思い込みがたまに当たっていることもあるから、やめられない
○思い込みを否定されると関係がギクシャクすることもある
○思い込みを確認することで問題を解決するような思考ができるようになる
○会話をしながら問題を解決していく
○「そんなことをしたらダメだ」「そんなことをするからダメなんだ!」はタブー
○どうしていいかわからないからこそ問題行動にでてしまう。とにかく落ち着いてもらい応援する
○クライアントの中にあるものを大切にする→良好な治療関系を築くと同時に治療後のセルフケアにも繋がっていく『自立援助』
○頭が真っ白になると「自動思考」が働かない場合もある→自動思考が浮かばないほど衝撃的な場面も存在する→「そうですか」とラポール形成
○自分をみる自分を養う→分身の術
○冷静になる。感情に流されない
○スキーマ→「考え方のクセ」
○治療関係をキチンとつくり、見立てる
○クライアントが何を求めているのか?それに対して自分(セラピスト)が何をできるのか?心理的に邪魔になるものを排除できるのか?否か?
○一見マイナスにみえる部分もプラスにみえないか?
○性格を捉え傾向をとる
○クライアントの言っていることを疑問に思う。簡単に納得しない
○問題に目がいきがちだがプラス面にも目を向ける
○コラムは話を整理してまとめるために使うもので特別なものではない
○クライアントは話を整理したりまとめたりする能力が弱くなっている。それをコラムを使い補助する
○コラムを作っていく段階で人物像がみえてくる
○心理的なおみやげ。出来たことをフィードバックする○「会社が悪い」では扱う範囲が大きく抽象的。対話の中でもっと問題にフォーカスして、わかりやすく絞り込む
○考えとは文章で表現することができる。感情は(短い)言葉で表すことができる
○slice of timeから自動思考を捉える
○根拠が曖昧なのに決めつける。ダメだと思う(自己中心的思考)
○言っていることとやっていることが逆になってしまう
○フィードバックに対してしっかりとした反応をみせる
○ホームワークに失敗はない。できない場合はできない理由を取り上げて面接をすすめる
○治療関係が良好であれば多少スキルがなくとも治療結果は良い
○考え(思考)よりも、行動(結果)に焦点を当てる
○オープンクエスチョンを心がける
○体の変化についても話をすることができる
○ホームワークのフィードバックは特に大事
○アジェンダは1~2つが好ましい
○面接とは会話であり対話である
○セラピスト自身の考えがしばられていないか?自分に対してのスーパービジョン
○アジェンダで最優先にしなければならないもの①死にたい気持ち②治療の妨げになるような出来事③日常生活がひっ迫している場合
★行動活性化 毎日の計画を立てる→楽しいことやりがいのあることを増やすようにする。楽しさ達成感を重視。点数化。ルーティンのこと書き出す。リストアップし外在化する
○とにかくやってみる。やらないとやる気がおきない
○ちょっとしたことでもできるようになると、面接の際よいアジェンダとなる
○面接記録を繰り返し読んでみる。場面が変わると違う視点でみることができる
○生のクライアント前にすると手法を越えた手法がみえてくることがある
○希望する現実と実際の現実を擦り合わせていく。あきらめから脱却する
○早く全部と考えている問題は意外と大問題
○アドバイスと追い詰めることは違う
○過去視点から今現在視点に変わるだけで楽になる
○環境を大きく変えなければならないケースも多々ある

以上。
あくまでも私個人が復習の為にノートに書き出した内容をまとめたものです。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中