集団認知行動療法が腰痛の治療に有用集団

集団認知行動療法が腰痛の治療に有用集団

 

集団認知行動療法が腰痛の治療に有用集団
CareNet.com
2010/03/25(木) No.J001091

集団認知行動療法が、プライマリ・ケアにおける腰痛治療として有用なことが、イギリスWarwick大学医学部のSarah E Lamb氏らによる無作為化試験で示された。国際的なガイドラインでは、非特異的な腰痛が持続する場合は積極的に身体を動かすことが推奨されている。プライマリ・ケアでは、通常の治療よりも看護師による積極的な運動の指導の方が効果は高いが長期には持続せず、理学療法(体系的運動療法、鍼灸、マニピュレーション、姿勢指導)の長期効果もわずかなことが示されている。認知行動療法の長期効果については相反する結果が混在しているが、集団で行う場合は同じ問題を持つ患者同士の相互作用による改善効果やコストの軽減が期待できるという。Lancet誌2010年3月13日号(オンライン版2010年2月26日号)掲載の報告。

5月の末に認知行動療法カウンセリングの初級ワークショップに参加申込をしました。
対象資格が臨床心理士や医師、産業カウンセラーなどの対人援助専門職となっていたのですが、ダメもとで「柔道整復師は大丈夫ですか?」とメールをしたら「OK」とのことで早速申し込んだ次第であります。

畑違いのお門違いの馬の骨を覚悟して「聞くは一瞬の恥…聞かぬは一生の恥」精神で十二分に爪跡を残してきたいとおもっちょります。

会場が汐留なんですが行ったことありません…。方向音痴なわたしは不安でいっぱい♪
迷子になる確率…ピーピピーピーピピピー(計算機がはじき出す音)『キュウジュウニ・パーセント!!』

ちなみに去年は1回目普通に行けたところなのに2回、3回目に行ったときには迷いに迷って最後はタクシーに乗りました。嫌な汗をかきまくりまクリスティー。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中