手や足のシビレとは…

先日、大阪の帰りの電車で仕事の話をたくさんしました。
友人も同じ柔道整復師という仕事を営んでおり、一緒に勉学や遊びにいそしんだ仲です。

その話の中で友人が、手・指先のシビレを訴えていた患者さんに、頚の治療(多分、普通のマッサージ)を行ったところ、シビレが消失した。という話がありました。その友人は不思議だと言っていました。

私たちが学生だった頃、手・指先のシビレは頚椎のヘルニアが疑われると、習いました。そして、我々では手の施しようもない疾患である、と。もちろん腰椎ヘルニアによる下肢痛、シビレもその中に含まれます。手術やブロック注射等が第一選択になっていました。

サラリーマンに例えると、入社していきなり「君はお茶汲みと、コピーだけとってくれればいいよ」と言われたみたいな感じです。

(今、ふと思いましたが、何で頚椎・腰痛があって胸椎のヘルニアはないんだろう?)

学生時代そのように教えられましたが、その後インターン先の接骨院で、「私ヘルニアです」という人はたくさいましたし、実際治療を行っていました。

違和感を感じずにはいられませんでした。

「何の為に治療しているのだろう?」「ヘルニアが神経を圧迫してるのにマッサージでなんか良くなるわけないのに…」

しかし、患者さんたちの症状は常に一定ということはなく、むしろ良くなったり悪くなったりを繰り返します。
なぜ?そんなに簡単にヘルニアって出たり入ったりするものなのかなぁ~?と腑に落ちないこと落ちないこと…。売れない落語家くらい落ちません。

輪をかけたのが、手術をしたのに良くならない人がたくさんいるのを知った時です。
今、現在私の接骨院にもそういう方は思い浮かぶだけで5人はいます。

これは結構な数字だと思いませんか?

そんなこんなで、こんな疑問を自分自身に投げかけてみました。

私は患者さんから「私、ヘルニア持ちなんです」「指先(下肢)がしびれます」と言われたら、そこで終わりなのか?何もできないのか?」

ただ、私自身あきらめが悪いだけなのかも知れませんが、それから色々勉強しました。
それで、ヘルニアはどうしようもないという結論がでれば、今思えば楽だったかもしれません。

しかし、そうではありませんでした。
調べれば調べるほどにヘルニアと痛みやシビレを繋ぐ線は細くなりました。

「あいつ、頭がおかしくなったんじゃないの?」と昔の友人からは言われそうですが、でもこれが私の選んだ道です。

こないだ、結婚式で友人に会ったとき、友人たちも「介護」や「加圧トレーニング」など広い視野をを持って今までと違う部分に目を向け始めたのと同じように、私も違う部分に興味を持ち始めたのだと、認識して下さい。


長田君、君の疑問はとても大切な疑問です。
こないだはあんまり、その辺の話ができませんでしたので、また今度ゆっくりお話しましょう!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中