脊椎手術が、運動療法や内科的治療よりも“4年間”にわたり優れている

脊椎手術が、運動療法や内科的治療よりも4年間にわたり優れている

 

専門医療ニュース&ジャーナル
脊椎手術が、運動療法や内科的治療よりも4年間にわたり優れている
2009年1月13日 提供:Medscape
http://www.m3.com/news/SPECIALTY/2009/1/13/86106/?q=%E8%85%B0%E7%97%9B

4年間追跡したSPORT試験の最新分析により、腰椎椎間板ヘルニアに対しては非手術手法よりも脊椎手術のほうが、症状の解消が迅速かつ程度が大きく、機能改善の程度も大きいことが示された。

Pauline Anderson
Medscape Medical News

【12月30日】腰椎椎間板ヘルニアの患者には、非外科的治療よりも脊椎手術のほうが症状の解消が迅速でその程度が大きく、機能改善の程度も大きいという以前に出された2年間結果が最新研究で4年間に拡張された。

手術は非手術的手法ほど患者を迅速に職場復帰させることはできないが、手術のほうが費用効果が高いというエビデンスが豊富にある。

「患者、家族、保険者や行政が知りたいのは、この治療効果がどのくらい長く続くのかだ。短期間なのか、それとも長期間有効なのか?」と論文著者の一人であるダートマス・ヒッチコック医療センター(ニューハンプシャー州レバノン)のWilliam Abdu, MDが述べている。「その答えは、現在の4年間までの段階では、手術群のほうが依然として非手術群よりも良好であった。いずれの治療群とも大きな有害合併症はなく、4年に至るまでそれに変化はなかった。」

今回の試験では非手術群の患者もある程度は改善しており、それが4年間にわたって維持されたことをAbdu博士は強調している。博士によれば、この試験の目的は、ひとつの治療法が正しくてもうひとつの治療法は正しくないことを証明するのではなく、情報に基づいた治療法の選択ができるように患者に情報を提供することである。

Spine. 2008;33:2789-2800. Abstract

Medscape Medical News 2009. (C) 2009 Medscape

時間のある方は全文読んでみて下さい。
とても興味深いです。

これは4年間という時間の価値をどういう風にとらえるか?と考えます。

長いのか?短いのか?
若者にとっては短い?お年寄りにとってはちょうどいい、もしくは十分過ぎるのか?

もうひとつは、「優れている」というのは誰がどのように判断しているのか?

博士なのか、研究者なのか、先生なのか…。
これはもちろん患者さん自身が優れていると感じていて欲しいものです。

今回の試験では非手術群の患者もある程度は改善しており、それが4年間にわたって維持されたことをAbdu博士は強調している。博士によれば、この試験の目的は、ひとつの治療法が正しくてもうひとつの治療法は正しくないことを証明するのではなく、情報に基づいた治療法の選択ができるように患者に情報を提供することである。

ごもっともだと思います。
喧嘩してる場合じゃないんです。

痛みに苦しんでいる人は数え切れないほどいるわけですから。

「わからなことはわからない、できないことはできない」
ありのままの情報を公開するだけで、どれだけの人が助かることか…。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中