インナーマッスルを感じる

ストレッチポールでインナーマッスルの機能を高めよう

 筋肉はカラダを動かすために働く「アウターマッスル」と、カラダを支え姿勢を保つために働く「インナーマッスル」との2つに分けられます。

このアウターマッスルとインナーマッスルがそれぞれの役割をしっかりと果たしていれば何の問題もありません。

 しかし現代人は運動不足や長時間の不自然な姿勢によって不良姿勢をつくりやすい状態にあります。

不良姿勢などによりインナーマッスルの機能が落ちてしまうとアウターマッスルがインナーマッスルの分まで働くことになってしまいます。そうなるとアウターマッスルにばかり負担がかかり、インナーマッスルの本来の働きが十分に発揮されません。

 

このように「悪い姿勢」とはしっかりとカラダを支えることができず余計な部分に力が入ったり、本来使うべきではない筋肉が緊張してしまったりします。

 反対に「良い姿勢」とは少ない力で効率的にカラダを支えることができている状態です。この時、姿勢を支えるインナーマッスルは効果的に働き本来の力を保っています。

ストレッチポールでインナーマッスルの機能を高めると本来あるべき自然な姿勢を体感することができます。これを日常生活で意識することで「良い姿勢」に近づいていくことができます。

良い姿勢から良い毎日が始まります。これを機会にあなたの姿勢をもう一度考えてみませんか?お手伝いさせていただきます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中