ランナーズ膝(ひざ)腸脛靭帯炎に効く臀筋ストレッチの方法

おかげさまで腸脛靭帯炎についてのページがとてもアクセス数が多いのでオカワリで臀筋群のストレッチを紹介したいと思います。



大臀筋については①で紹介しましたので割愛。
↑↑↑クリックするとジャンプします

臀部には大臀筋の他にとても大切な筋肉があります。
その名も「中臀筋&小殿筋」ブラザーズです。

脚を外に広げるときに作用する筋肉ですが大臀筋や大腿筋膜張筋などとも筋連結(筋同士の繋がり)がありランナー諸君は見捨ててはいけないインポータントなマッスルです。

IMG

中臀筋をお尻の方から見た図です。

大臀筋の下に存在する筋で後方部分と前方部分に大きく分かれます。

IMG_0001こちらは小殿筋をお尻側からみた図。
小殿筋は中臀筋のさらに奥にあります。

こういった図を覚えストレッチする時にイメージすることでストレッチの効果を何倍にも高めることができますのでこの図をしっかりと頭に叩き込んで下さい。

A、脚を組んで臀筋群を伸ばす

E

両手を後について座り、立てたヒザにくるぶしをのせて脚を組み臀筋群をしっかり伸ばしていきましょう。

B、脚を胸に引きつけて臀筋群を伸ばす

E

脚をクロスしヒザを両手で抱えしっかり胸に引きつけます。

この時、背筋を伸ばして一緒に背筋もストレッチしましょう。

10秒くらいを目安に左右5回づつ行いましょう。

伸ばしている筋肉を意識しながらストレッチすることでさらに気持ちよくストレッチをかけることができます。

「ん~気持ちいいぃ~」

これであなたもランナズニーからオサラバ~♪

ランナーお役立ち動画

ランナー膝(ひざ)から復帰するための5つのポイント

重力を意識するとランニングが変わる理由

【ランナー膝(ひざ)テーピング/腸脛靭帯炎に効果あり!】

【ふくらはぎテーピング!】痙攣してしまうランナーへ

【腰痛に悩むランナーにおすすめ!】テーピングの方法

【ランナー膝(ひざ)腸脛靭帯炎】テニスボールを使ったセルフケア

【ランナー膝(膝)を予防ストレッチ】ポール編

【ふくらはぎ&ハムスト】ポールを使ったかんたんストレッチ

台所にあるアレを使ったお手軽あしのうらセルフケア

マメや靴擦れを防ぐためにシューズを履くためにしておきたいこと

ランニング前にひもを結びながら精神統一する方法

シューズを履くときはかかと「ドンドン!」で履きましょう!

参考資料

:「骨格筋の形と触察法」 河上敬介 小林邦彦 磯貝香 大峰閣 1998

:「体幹力を上げる コアトレーニング」 木場克己 成美堂出版 2011

広告

ランナーズ膝(ひざ)腸脛靭帯炎に効く臀筋ストレッチの方法」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: ランナーズニー(ランナー膝)のリハビリ・5つのポイント | 腰痛・スポーツ外傷のことなら神保接骨院

  2. ピンバック: 第17回【長野マラソン】でまたやっちまいました… | スポーツ外傷・むちうちのことなら神保接骨院

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中